ガンコ建築株式会社|頑丈な構造体で社会に貢献する会社

TEL: 035645-5515

構造設計一級建築士事務所・特定建築業

ガンコ建築株式会社

ガンコ建築の3本柱

  • GANKO System
  • GANKO Frame
  • GANKO Hybrid

GANKO

地盤条件に応じた基本工事

皆様の工場・倉庫建築をお考えの場所はどんな所ですか?河川や海などの水辺に近い場所でしょうか。それとも山を切り開いて造成した場所でしょうか。建てる場所によって砂礫質や粘土質、硬い岩盤など様々です。地盤によって基礎工事の方法なども変化します。気象条件も日本全国様々で、雨の多い地域や雪の多い地域、夏暑く冬寒い地域など、この様な気象条件によって建物を造る柱や梁、壁材や屋根材など多彩に変化していきます。昨今日本の地震事情もしっかり考慮しなければいけない時代です。

災害時にも安心な耐震性

「GANKO Systemガンコ・システム」では、クライアント様毎に違う様々な地盤条件に応じた基礎工事の工法と、1年を通しての気象条件や夏の暑さ、冬の寒さ、または騒音などの情報も加味しその建物に最適な壁材や屋根材の選択を行い、災害時にも安心していただける耐震性を備えた工場・倉庫を建築いたします。状況に応じた基礎工も、基礎・杭・柱を一体化させた工法で基礎梁と杭本数を減らすことでコンパクトな基礎を実現できます。そうすることで、材料減少による価格削減と工事期間を短縮させることが可能となりました。その他にも様々な基礎工事方法があり、いずれも低コストで工期短縮を目指した方法ばかりです。

無駄を省いた効率的な建築方法

建物本体はコンピュータによる構造解析を行い、建物フレーム断面を算出し標準化した高強度の部材を工場一連生産します。指定工場にて材料を生産するため品質が安定し、高品質な材料を供給できます。例えば、屋根材と母材がフレームと一体化した非常に合理的な構造にすることで低コストを実現し、最大無柱で60mスパンをとばす強度を持った材料を使うことも可能です。基本構造的には箱型単純形状になりますが、機能的に非常に優れたシステム建築工法で20tonのホイストクレーンを設置することも、吸音性の高い壁材や屋根材を使用することも可能で、断熱性に優れたものを使用することで、光熱費などのランニングコストの削減も可能になります。

横河システム建築 yess建築の施工事例

横河システム建築 yess建築の施工事例

※建物形状、土地条件などにより価格は変わります。
※電気・給排水・内装除く。

5物件進行中!!

GANKO System ガンコ・システムは立体的で景観に優れたトラス構造屋根も造ります!
トラス構造とは、複数の三角形による骨組み構造で、結合部分が自由に回転するピン接合(の場合が多い)となっていて、それにより部材間に作用する力が軸方向力(引張力・圧縮力)のみとなり、構造的な安定性が抜群です。
部材にかかる負担が少ないため(曲げモーメントが発生しない)細い部材でも構成することができ、三角形の組合せによっては立体的な構造体にすることも可能です。
非常に軽量にできることや、三角形構造体の組み合わせに応じて、通常では不可能な長大スパンの屋根を構成することができます。体育館やドームなどの屋根材として使用することも、壁材としての使い方も考えられます。景観的に使う場合、ガラスや強化プラスチックなどを併用することで、自然光を全面に取り入れる事ができ、非常に美しい建築物になります。

元旦ビューティー工業 
テクノトラスの施工事例

元旦ビューティー工業 テクノトラスの施工事例

耐震性に優れた強固な柱と頑丈な梁フレーム。
工場・倉庫のデッドスペースも解消。

多くの耐震建築に長く携わってきた経験を持つ構造設計一級建築士が推進する、大スパンで大空間を造り出す、工場・倉庫には非常に有意義な工法が“ガンコ・フレーム”です。耐震性に優れた強固な柱、そして頑丈な梁フレームで建物の生命線とも言える耐震強度の基準を満たし、地震の多いこの日本という土地に安心と安全を、万全を期して建築いたします。
最大60m×300mという中間柱の無い大空間がもたらすものは、決して大きさだけではありません。工場・倉庫にある中間柱でデッドスペースを余儀なくされていた場所も無くなり、他社に差をつける大型機械設備の導入も検討いただけます。場内レイアウトが自由に出来るため作業効率も驚くほど向上いたします。

「在来工法」と「システム建築工法」の
いいところを融合したガンコハイブリッド

どんな場所や地域でも、建物形状が複雑でも建てられる「在来工法」と、工場でシステマチックに製造された部材を利用して建築費用を抑えた「システム建築工法」の良いところを融合した、ガンコ建築オリジナルの工法が「ハイブリッド建築工法」です。
クライアント様のご要望に合わせ、デザイン性に優れた外観を取り入れながら、高強度の部材を活用し、耐震性に優れた安心設計を、構造設計一級建築士が自信を持ってご提案いたします。ガンコ・ハイブリッドでは、立体的でデザイン性の高い非常に優れたトラス構造の屋根も得意としています。工場生産によるシステム建築、システムトラスを取り入れつつも、今までシステム建築では不可能とされていたことも、すべて可能にするのが“ガンコ・ハイブリッド”です。

ガンコ建築株式会社

頑丈+堅固=頑固建築

ガンコ建築株式会社の「ガンコ」とは、漢字で書くと「頑固」です。「頑」は「カタクナ(頑な)」の意味であり、【一本、しっかりとした筋を通す】事です。「固」は、字の通り「固く、堅実にお客様の目線に立った仕事をする」意味となります。建物で言うなら「ガンコ」の「ガン」は「頑丈(ガンジョウ)」な建物の頑(ガン)であり、「固」は、まさしく耐震性に優れた「堅固」な建物の「固」です。

耐震性にこだわった弊社だからこそ、敢えてこの名前となりました。

今は、ほぼ死語となった「ガンコオヤジ」等の耳障りの良くない言葉もありますが、この「ガンコオヤジ」もよくよく考えれば一本の筋が通っているからこそ、その家庭が上手くいったともされ、この良いところを取り入れ、現代風の「ガンコ」を建築に取り入れています。

代表取締役  吉澤 昌泰

代表取締役 吉澤 昌泰

会社概要

商号:ガンコ建築株式会社

所在地:〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町
35番3号
BRICK GATE日本橋3F

TEL:03-5645-5515

FAX:03-5645-5575

代表者:代表取締役 吉澤 昌泰

設立:平成28年12月

資本金:4000万円

許可証:一級建築士事務所 東京都知事登録 
第61265号
特定建設業許可 東京都知事許可(特-28)第146290号

関連会社:株式会社ヨシザワ建築構造設計

お電話でのお問い合わせ

03-5645-5515

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら